2006年07月12日

さくらんぼ

image/jinba-ittai-2006-07-12T23:17:33-1.jpg山形から来た協力会社の方に、おみやげでさくらんぼをいただきました。
んまーい!
本場はチガウ!

箱でいただきましたので、この量の10倍くらい残ってます。
幸せ。

しかし、現場は終らない(-_-;)
posted by Jori at 23:17| Comment(30) | TrackBack(10) | etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

SLAM DUNK

今日は休みだ。
でも持ち帰った仕事をたんまりとこなさなきゃならん。おまけに朝から雨だ。
洗濯をして、ゴミを片付け、読書して昼ごはん。
また読書して昼寝をした。そしたら、雨があがってる。
ライディングジャケットを着込んで走り出す。15分で諏訪湖を見下ろす杖付峠の展望台へ。こんなすぐ近くに非常に良い峠が…(泣)こんな時だけは単身赴任に感謝。でも最近あんまり乗れてないから、へっぴり腰のコーナリングだったなあ…。
暗くなってきたので、ラーメン屋に入り野菜炒め定食大盛り。SLAM DUNKを片手に…。
SLAM DUNK。
うおおお。
そのまま本屋に行く。
コミック売場へ。
21巻から31巻まで購入。…俗に言う「大人買い」というやつだ(苦笑)

うお、
うおおお。
(ちなみに、綾南に勝ってIHに行くところから、最終巻まで)
懐かしいぞ。バスケ部で、毎日辛い練習してたときのことを思い出したりして。
無茶苦茶苦しかったり、すげーうれしかったり、悔しかったり後悔したり。補欠だった俺は、それでも交代のブザーが鳴ってコートに入って行くときの、あの緊張感を覚えている気がする。
あのころの自分と変わってない自分も、きっとどこかに。少しは。

2回読んだ。
3回目に入りかけたところで、2:30という時刻に気付いた。

やべっ、仕事全く手つけてないんですけどー。

ま、いーか。寝るべ♪
(…しかし、こんな休日の過ごし方を、かれこれ何年も続けてるような気がするなあ。)
posted by Jori at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

STAGE 06.06.04 劇団ブルースタクシー第12回公演「ロードサイドストーン」

ひさびさの芝居だ〜。
単身赴任先の長野から、それだけのために上京。
ほんとは色んな用事でバタバタだったが…。
劇場は、大塚にある萬スタジオ。小劇場ながらそこそこのキャパと、なかなかいい設備を持つ劇場だ。
何をかくそう、俺も1度だけ立ったことがある劇場。ほんとに久しぶりだったし、今の状況が状況だけに…胸が熱くなる(苦笑)

そんな俺が来るのを知っていたかのような芝居だった。

舞台は「劇団ロードサイドストーン」の稽古場。1ヶ月後の公演を控え、稽古を始めようという矢先…、脚本・演出の座長が逃亡。台本もない中、途方にくれるメンバー。劇団の意義、芝居をする理由、悩み惑う劇団の行方は…!!

ていう芝居。

ブルースタクシーおなじみの、笑いあり涙ありの展開で、思いきり満足してしまった。
いや、文章にするとすごくあっさりしちゃうんだけど、ホント笑った。引き笑いまで行って咳こんだんだ。そんなの初めてだった。

この芝居みたいに実際俺も、大ピンチに出くわしたことが2度ある。
1つ目は本番1週間前に主役が逃亡、代わりに出た。
2つ目は本番1週間前に役者が入院、代わりに出た。
…今思い返せば、相当恐ろしいw 無茶苦茶だw
でも、やってのけたエネルギーを持っていた。その前にもなかったし、公演が終わったらどっかに行っちゃった、エネルギー。
そんなものを味わえるのは、舞台上だけ。俺が芝居を続ける原動力は正にそれだったんだろう。

今はやってないけど、俺は自分が芝居を「やめた」とは思ってはいない。毎日稽古をしていたような頃の自分を失いたくないし、まだまだ生きているからだ。


んーでもまあ、やってる暇なんてないんだな〜まじで。それに…もし暇ができたとしたら、芝居なんてしないわな、俺。
たぶん寝る(笑)。
posted by Jori at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

LIVE K-ling Project

image/jinba-ittai-2006-05-28T00:41:47-1.jpgいってきました。
ってか、ライブ久しぶりだす!ってか、東京久しぶり…。
今日のライブは、大学の先輩が出演。お誘いをいただいたので、長野からかけつけたのであります。

会場は赤坂グラフィティ。小規模ではあるけど、れっきとしたライブハウスだ。スタンディングかなあと思っていたが、テーブルとチェアがならぶ。
とはいえ、楽器のチューニングが始まると、やっぱドキドキしてしまうわけだ。ベースの音が、腹の底まで響く感じは、ライブハウスだけでしか味わえない。
お客さんもぎっしり。イスに座りきれず、立って観ている人も。
そしてスポットライトが輝く中、ライブスタート。

MCを間にはさんで5曲という、短い時間ではあったけど、オリジナルもあり(←良かったw)かなり期待以上の見ごたえ、聴きごたえがあった。この人とカラオケとかほんとに行ってたのか、俺は(笑)
久しぶりにヲタヲタしく叫んで、会場を沸かせておきました。

彼らは言ってしまえば、音楽をなりわいとしている方々ではない。でも、技術はプロと同列にならぶものがある(俺が観てきたステージを考えても)。
何より、気持ちが見える。ここまで音楽に対する欲があふれ出して、檻の中で暴れ回っているようなステージは、俺でも観たことがない。時期が来たからリリースするような、どこぞの歌い手さんのステージよりもやはり、よほど見ごたえがある。

だってさ、普通のライブに行って、「うらやましい」って感想にならないでしょ、ほんと(笑)

なんか、生き返ったよ、俺は。
posted by Jori at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

うひー仕事

image/jinba-ittai-2006-05-21T22:48:57-1.dataこれ、今の勤務先。
単身赴任を言い渡され、ここに来て早1月。そんなに遠くに来たわけじゃないけど、すごく遠く、永く感じられる。
考えてみれば、1年前は全然違うことしてたなあ、なんて。かなり笑えるくらいの、すごい変化だ。
ほんとにいろんなことがあって、いろんなものが無くなって、よくまあ今ここで二足歩行できてるなあと、われながらに感心してしまうほどだ。

逆境に追いかけられながらなんとかやってきたように思っていたけど、実は自分が相当エネルギーを燃やして頑張っていたんだなあと、ある程度落ち着いた今、思えた。
1年前追いかけていたものは今追いかけてはいない。…手に入ったからだ。でも今それほど何かを追い求めてはいない。これは成長したとは言えるのだろうか?

いやほんとに最近、ヲタヲタしいことしてねえぜ、俺。少し前はかなりバカで無謀なことしてたような気がするんだけどなあ…。大阪の出版会社に履歴書と作品送ったりとか(プッ
posted by Jori at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。