2004年07月31日

LIVE 2004.7.31 愛内里菜

2004.7.31 里菜祭り2004 大阪

さっ、行ってきましたw
<開演前>
今回はなんと、愛内先生に秘密で「どっきり寄せ書き横断幕」を作るという公式な企画がありました。そんな中自分は「早特」で買った新幹線の切符の変更がきかず、その企画に間に合わない危機にさらされておりました。
…新幹線を降り、ダッシュで地下鉄乗り場へ急ぐも、ついそのままラーメン屋へ!
結果→トンコツラーメンが明暗を分け、片付け終わった直後の到着となり、間に合わず…(苦笑
この企画の幹事様の苦労を考えたら、真に切腹ものです…。反省せい、俺!
<開演直前>
Kージ君から入手したチケットによりO列(15列目)にてらさんと陣取り。自力のチケットは、この席よりさらにはるか後でありました(汗)…自分は「同伴さげまん」なのでしょう、きっと…。
場所は非常に見通しのよいところです。身内の皆様の跳び加減もよく見えますなw
気付くとお久しぶりのお嬢様の姿が。ダーリンさんも背姿だけ確認しておきましたw
<開演>
開演…どーん!
去年の紅白の衣装(セット)だwww
……皆に見せたかったのだろう……♪
前半は、ゲスト(…割愛)。
…しかしサトコさんの司会は、なかなかキレがあり、結構な評価を得るのでは…!?かなり笑えましたねw 俺はHIP POPの頃から好きでしたけど。
はやみん「高校で携帯の飾り付けが流行ってます!」
愛内先生「ベルしか無かったやんなあ?」
サトコさん「…(なんもない)」

昨年の祭り、1部と2部の間は、単純な休み時間でしたが、今年はなんとズバリ「クイズ大会」っすw
各自アンケートの束に同封してあったトランプの柄を抽選によって舞台上に呼ばれてしまいます。…DVD出演決定ですw 問題はなかなか刺激的なものでしたね。
しかしまあ、最終的にゲットできる商品も過去のグッズにとどまっており(当たった人に後で見せてもらった)、帰り道で闇討ちに遭うような品物ではなかったですねw

そんなこんなで第2部、RINA'S SHOWが始まりましたw
最初の曲は「Over Shine」。続いて…曲順忘れた(泣)
意外や意外の「Faith」、俺ぐらいしか好きなヲタはいないだろう「our sound」、あと通好み「Painted Black」。目新しい、お久しぶりの楽曲はそのあたりでしょうかw
ゆったりとしたMCの後の、ピアノソロ「Ruby Stars」は誕生日ならではの曲。去年はアンコールで登場した曲です。この時に『灯したいまつ』が使用されました。思いの他キレイです。甘く見てましたがキレイですW 俺は買ってません(大失敗)。
バラードで言えば他に「No Need」がありました。
自分の一番ハマったのが、今日のために用意された「It's crazy for you ジャングルミックス」。お祭りなんだから、こういうのをやらなくちゃって思います!
 その後は、期待通りのフルコース(死のフルコース)「I can't stop my love for you」、「SPARK」、「恋スリ」、「Ohh! Pradise Taste!!」
…辛い。歴戦の覇者たちもじょじょに高度を下げていき、墜落していく様が見えます。

さてさてアンコール開始の際、愛内先生に気付かれないよう、会場のモニタに字幕スーパーで「驚かせましょう!横断幕行きまっせ」という旨のメッセージが表示されます。スタッフさんも悪いですねwww
アンコールで「Full Jump」を歌い、ゲストを呼んだところでサトコさんが「せーの」
どーん!
…と2階から横断幕が広げられますw
「わーーー」ナイスなリアクションですが、果たして…舞台から寄せ書きが書いてあるのが見えているのか??(注:照明がついていると、舞台から見た客席って真っ暗闇です。基本的に)
もしそうだとしても、楽屋に帰ったときに信じられないリアクションをとってくれるはずですw

 最後の最後、アンコールでは全員で「光色のかけら」を合唱。
「来年は大阪城屋外で!」という爆弾発言をして愛内先生、はけていかれました…。
俺もアンケートに「祭りを屋外で」と書いたことがありますが…ほんとにやっちゃうかw
まあ、年に1回だからいいんでしょう!

<終演後>
去年の祭り、それだけでなくかつてあったホールでのライブにおいて、この日の大阪厚生年金会館は一番盛り上がりを見せていたように思われます。全てが味方に、全てが一つに、そんな感覚になることが何度かありました。非常に良いライブになったんじゃないかと思います。
去年は冷めた感のあったゲスト出演も、名司会者サトコさんのおかげなのかムリなく進行してましたし、ダンサー、バンド、すべてがかみあっているような演出性を感じることができました。
テーマに関してもそう。去年の「和」というテーマのときは、うまく働かせることができていなかった。グッズや衣装に反映させた所で、愛内さんの曲はJ-POPだし、舞台はイントレで組まなきゃいけないし、ダンサーもHIP HOPを踊ってるし(厳しい?w)。
今回は「テーマがライブを食っていない」。愛内ライブありきでそこにエッセンスとして加えられている程度。去年と比較すると「バランスを取ろうとした」演出の跡が見て取れるステージでした。
決して去年のテーマが悪かったわけじゃなく、一度「里菜祭り」を経験して、本人、スタッフともイメージの中で組み立てがリアルにできやすくなったためなんじゃないかと思います。
本人が言うように、毎年回を重ね、じょじょに大きくしていくという祭り。質という面では、間違いなく良くなっていく、楽しみにできるライブになっていくと思います。

まじめなはなしでしたがW
このあとは現場の顔見知り何人かとも遭遇し、ごあいさつ。
そして、企画されていた飲み会、朝までカラオケを経て、仮死状態で帰京しましたとさ。

お世話になりました方々、愛内さんに感謝感謝です。

さあ、横浜のレポはどおしよおお…(照明フェードアウト)
posted by Jori at 00:00| Comment(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。