2005年01月27日

Live 2005.1.27 愛内里菜

2005.01.27 hillsパン工場THURSDAY LIVE "LOVE MOTION NIGHT"
出演:LOVE MOTION ゲスト:愛内里菜 三枝夕香 望月美玖

「仕事とライブとどっちが大事なの!?」
誰もそんなことを俺に問いただす人間はいない。敢えて答えてみれば、その日その時したいことができない人生なんて面白いと言えるのか。そんな言い訳を考えながら昼で仕事を切り上げる。せっかくだから背広のままでライブに参加しよう、これって、雨の日にビーチサンダル履いて出かけるのと一緒なのでは??(…全く根拠なし)

今回は10番台の番号で入場。いつもいつも好意に甘えてばかり。いい加減にしないといけない…k そんなわけでセンター2列目。
いつもの熱気が立ち込める中、ステージの幕があがる。

「LOVE MOTION」は言わずと知れた愛内里菜のバックバンド。彼らには作為的なものがない。要は目的がサポートであってそれ以上でも以下でもないという、妙なねらいを持たないスタンスが彼らの雰囲気に感じられて純粋に声援を送りたくなる。1曲目はプレーヤー4人のインストゥルメンタル。改めてじっくり聴くと「技術がある」以上の理由があって、彼らがこの場所にいるということがなんとなく伝わってくる。
2曲でコーラスの岡崎雪さんが登場。雪さんの声はもちろん聴いたことがある。でもヴォーカルとコーラスではスタイルが全く違うはずだ。それに1人舞台ともなれば、普段とも印象がちがうはずだ…と期待していたが、やっぱり。テクニック有す歌声であろことはもちろんだが、歌声そのものがきれいだと感じた。ボーカリストは表現力、要はタマシイ込めて歌を歌うっていうことが必要だ。雪さんの場合そのことよりも強く感じられたのが“楽器的”とも言えるべき声質のきれいさ。奏でられた歌声とでも言うべきか。
…でも、めっちゃ緊張してるw 笑顔が…笑えてない笑えてない(汗)
「Work To Do」「Satisfied」を歌う。

そして「Paradise City」をワンコーラス歌ったところで、愛内里菜登場。
ゴールドのキャミソールにデニムのパンツ、そしてチャンピオンベルト(?)といういでたち。年末にかけて数々の音楽番組で客の前で歌う機会はあったろうが、いつも大満足という感想ではなかっただろう。その点では、久しぶりのライブという言葉どおり、のびのびと楽しそうに歌っている印象を受けた。
今回のカバー曲はいずれも過去のライブで演奏された曲だ。来月のVarentaine Liveでは演奏されそうにない曲でもあるので、今夜のために用意された曲なのかもしれない。もしそうであれば、主演者やスタッフの「リハーサルなんて言わせない」という気持ちがあるのかも。遠征する者としてはこれは素直にうれしいことだ。
3曲目くらいで、愛内は俺の存在を認めたようだ。ネクタイの曲がりを正すしぐさをしてみせると笑われた。どうせとっくの昔に折り目なんて失せたスーツだ。クリーニングに出す前にぐちゃぐちゃにしてくれる。
続けて「HIT THAT」「Bad Medicine」「涙の太陽」を歌い、一度下がる。

次に登場したのは、望月美玖。OOMというユニットをつくっている若い歌い手さんだ。オリジナルだという曲を2曲歌うが、客からのタイトルを問う声に、戸惑いながらギター・大賀さんに目線を送って…答えない。…なんだ!?犯罪か!?(そんなことはありません)たぶんVarentaine Liveで初披露をした、という楽曲にするつもりなのだろう。楽曲は全てオーソドックスなPOPS。ちょっと90年代の雰囲気も。おそらく倉木麻衣やGarnet CrowなどGIZAのアーティストを垣根なく聴くような人であれば、違和感なく耳になじむサウンドだろう。俺はどうだろう…ひどく偏ってるので。
そして3曲目のオリジナル「He Wasn't」を歌い、ステージを後にした。

続いては三枝夕夏が登場。
カバー曲「Season」、オリジナルの「いつも心に太陽を」「飛び立てない私にあなたが翼をくれた」を歌う。実は三枝をパン工場で見たのははるか昔(ビーナスで踊っていたな)。そこから比べれば、やっぱり成長している。それにしても、何か不幸があったんじゃなかろうかと心配したくなるほどのMCの話題。がんばって下さい。

再び愛内里菜登場。
ラストに向け、猛ダッシュするかのような楽曲が続く。もう勘弁してくれなどと叫びながら泣き笑いしつつ、飛び跳ねるこんな“愛内ライブ”は…実に金沢以来か。
「START」「Boom-Boom-Boom」「V.I.P」「Dream×Dream」「STEP UP!」「Over Shine」「Full Jump」と続く。一人一人の顔を確認するように、一番後ろの人までちゃんと届くように。そんな歌い方がいつにも増して強く感じられたのは気のせいか…。

アンコールへと移り、雪さんのボーカル始まる。
「Isn't She Lovely」でワンコーラスごとにゲストが再び呼び込まれる。全員が揃い、歌い終えたところで…事件は起きたw

愛内が客席を指差し、笑っている。すごいTシャツ見つけてしもたの言葉に、身内全員に衝撃が走る。どうやら愛内のオリジナルライブTシャツのロゴをパロった「雪Tシャツ」に愛内が気づいたようだ。ほら、ほらとなおも食い下がり、カメラマンが振り向くと同時に、客席の真ん中以降から「うおおぉぉぉw」という歓声が。会場に吊ってあるディスプレイにドアップでモニタされた様子。指を差された本人の衝撃はもう計り知れないことこの上ないである。だが会場で彼の次に大きな衝撃を受けた人間がいた。ネタを考案し、製作した男だ。まず噴き出した(ごめんなさい)。そして、こんなことに命をかけている男たちと、そもそも愛内が同類だということに爆笑(本当すみません)。きっとこれまでも、オリジナルでユニフォームをつくってライブに足を運ぶファンを見て、本気で喜んでいることを証明してくれるような笑顔だった。…それか、そこまでよく見ないと気づいてもらえていないということか??悩ましい。

そして最後の曲「20th Century Boy」を全員で熱唱し、ライブが終了。

来月はVarentaine Liveがあり、今日のライブは少なからずその内容を踏まえたものになっているのかもしれない。けれども今日のライブの近さ、力強さは決してBLITZやHatchでは体験できるものではない。とても満足でき、記憶に残るライブだったと感じた。

帰りの夜行バスに乗り込む。すると、若いおにいちゃんとおばはんがもめている。何やら、おにいちゃんの指定席におばはんが勝手に座っており、すいてるんだからどこでもいいじゃないの、などとのたまっている。おにいちゃんに助け舟を出すと、おにいちゃんは関わらない方がいいと思い始めていたようで、まぁいーさと後ろの方へいってしまった。確かにおばはん、意味もなく暴れだしそうな感じで様子が妙だ。
俺も関わらん方が得策、と自分の席を探す。

おばはんのすぐ前の席だぁ

うっかり寝てしまうと、意味もなく包丁でも突き立てられそうな恐怖感を覚えながら、後ろで「がさ!」とか音を立てられる度に心拍数を上昇させ、浅い眠りのままの俺を乗せバスは走っていった。

家に帰るまでがライブだ。
posted by Jori at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

etc.ネクタイ

デザインとはなんなのか。美しいとはなんなのか。身近にあって永遠にとどかない答えを、自分の首のあたりで探してみる。
ネクタイは、ビジネスマンがその体で唯一自由にファッショナブルに自分を表現できる場所といえるのではなかろうか。
高級ブランド物から、駅の改札前で叩き売りしているものまで、古今東西に天文学的な数のネクタイデザインがある。
今、自分の両手にブランド物のネクタイと、駅前ネクタイの2本がある。両方ともシルク素材、手触りもほとんど一緒、パターンの柄物だ。
ところが、両者に明らかに差が出る。毎朝スーツに着替えて出勤…をくりかえしていると、たいがいネクタイだって惰性で選ぶようになるが、ブランド物の方が頻度が高くなり、一方で駅前物は逆に忘れ去られて行く。「思いこみ」の分を差し引いても、そこにデザインが引き起こす差が生まれているような気がしてならない。模様に区切って色を入れただけのデザインには作為性など考えられないであろう、とてつもない膨大な可能性があって、それでもなおデザイナーはそこにデザインを落として行く。

美しさを規則化したものの一つに「黄金比」というものがある。ビジネスマンの名刺にあり、ミロのビーナスにあり、ピラミッドにある美しさの規則性だ。この概念が、創る側見る側どちらにもあってもなくても、美しいものは美しかったしこれからも美しい。

ネクタイのデザインにも、きっと何かの美しい規則が隠れている。

しかしそんな物に毎日首を絞めらつけれているって言うのも…。前途多難な気がするな。
posted by Jori at 23:50| Comment(0) | etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

Design「パンフレットスタンド」

pamphlet stand

特注の家具デザイン・製作の事例、パンフレットスタンド。
オフィスビル改装の際、お客の要望に合わせて自分がデザインし、金物屋さんに製作してもらった。
これがまたお金が合わないものだから、徹底的に仕様を落とすことに。本当は側面に板が張ってあったのにそれも無くしてしまった。しかも、最初は固定式だったものを可動式にして欲しいという意見を取り入れたため、奥行きを大きくし、スリムとは言いがたい格好になってしまった。
ガラス色アクリルが照明で良い感じに輝いていて、安っぽいビルにしては上品過ぎるなんてお言葉を頂きながらも、お客さまには満足してもらえた。
posted by Jori at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

Book「亡国のイージス」

とんでもない作品に出会ってしまった。

armless aegis
亡国のイージス 上・下 講談社文庫
著者:福井晴敏

『在日米軍基地で発生した未曾有(みぞう)の惨事。最新のシステム護衛艦《いそかぜ》は、真相をめぐる国家間の策謀にまきこまれ暴走を始める。交わるはずのない男たちの人生が交錯し、ついに守るべき国の形を見失った《楯(イージス)》が、日本にもたらす恐怖とは。
日本推理作家協会賞を含む三賞を受賞した長編海洋冒険小説の傑作。』


福井氏の作品「Twelve Y.O.」とは、同じ世界であり同じ主題を持った作品と言える。さらには「川の流れは」という作品も一環している。何も使い回しといった考え方は全くない。一つの作品を読めば、それをしゃぶり尽くしてもまだ足りない、おかわり!と言いたくなってしまうからだ。そんな福井ファンは、この世界感を持つ作品をいくつだって読みたがるだろう。
著作の映画化について。
自分がこの作品を読んだときは映画化は決まっていない段階で、そりゃあもう映像でも見てみたい!とくねくねしたものだ(←?)。その後映画化が決まり、今密かに話題を読んでいるとのこと。
勝手にリンク
真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一。そうそうたる役者陣だ。この物語は変な位置にヒロインがいない。純然たる男の物語である。映画も公開されればかなりの反響になるだろうが、原作を読んだ人間はニヤリとするだけだろう。絶対に映像では語りきれない過去、感情、希望。それぞれ名打ての名優と言われる諸氏だが・・・演出次第で転ぶなとはっきり申し上げてしまう。
今のうちかもしれない。キャスティングされた俳優たちが、俺の中に出来上がった世界の中で走り、戦い、生きて行くのだ。それだけで身震いしそうだ。

ただね。真田さんの役どころは、もうちょっと3枚目の人が良かったんだけどねw
posted by Jori at 13:37| Comment(2) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

etc.「iPod shuffle」

自分は両刀使いである(使っているPCの話)。
会社ではPowerMAC G4でOSXを、家では骨董品GatewayにWinXP。
どっち派?なんてことは無い。あっち派こっち派だなんて言っている人間は所詮コンピュータに使われているだけのこと。えらそうなことではなく、PCを本当の意味で自分の道具として使う人はうんと増えている。
でもほんとは”ひいき”なんてものもあるけど。
Windowsの世界の人にも、MACの世界のひとコマが端的に分かる記事があった。


「iPod shuffle」は、大ヒット中「iPod」の弟分みたいなもの。
iPodは超小型HDがベースだが、iPod shuffleはメモリベース(たしか)。
iPodの20GBだ40GBだに比べると、iPod shuffleの1GBがおもちゃみたいに感じられるかもしれないが、試してみぃ。目下愛聴盤のCDを全部取り込んで何GBになるか。自分の場合はこれだけあれば、と思ってみたら2GBぐらいにしかならなくて躍起になって詰め込んだものだw
で、値段が10,980円。これは戦略的低価格だ。
ここで、WinユーザーだけどiPod製品に手を出してみたい人、へ導入指南。
・WinMediaPlayerに死ぬ程CD取り込んであるよ → iTunes初回起動時に自動でWMAから任意の形式へ変換してくれる。またCD1枚1枚読み込ますことはない。
・電池の持ちはあんまり優れず。ポータブルCDプレーヤーとは雲泥の差。
・今までのポータブルオーディオでのリモコン操作に慣れている人は、使いにくさ絶望的。別売リモコンは5000円下らないし、リモコンをつなぐとヘッドホンの長さが総計2mぐらいになるんじゃなかろうか。
・それでも。白いヘッドホンを垂らし、わざわざ本体を取り出してホイールをくりくりしている自分にちょっと優越感?
・この白いヘッドホンが、またすぐ汚れる。
・この製品は、視覚障害者を完全無視。つまり手探りで操作不能。
・iTunesの動作は結構重い。
・PCもMACに変えたら、コピーコントロールCDだって(以下略)
といったところか。
ソニーの出井さんが「あれはうちがつくるものだった」なんてコメントをしていましたが、その通り。日本のメーカーがつくっていたら、カテゴリー自体がもうちょっと変わっていたように思う。

MAC miniは、こちらもWinユーザーを狙ったしなもの。
Win用ディスプレイ、マウスにキーボードもWin用を流用できる。自分のようにくたびれたWinPCを買い替えたい人が飛びつきたくなる価格であったりする。
PC変換機でつなぎ、切り替えて使うこともできそう。…なかなか魅力的♪

全く…お金がいくらあっても足りないっすね。
posted by Jori at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

Design「イッカク」

馬の体に、額の長いツノを持つ空想上の動物「一角獣」。
その空想に元となっているは、くじらやイルカと同じ、海の哺乳類「イッカク」である。
自身の体長に匹敵するほどの長いツノは、実は牙が発達したものなのだ。
しかし、夜の海、海面から突き出した”ツノ”は月明かりに怪しく輝き、空想の動物を創造してしまうほどの美しさであると言われる。
イッカクくんは、他の動物にも見られるように、メスを取り合うオス同士の戦いにこの”ツノ”を用いるようだ(折れたツノが刺さったような死骸も見つかっているとか)。
…愛戦士だ…w

ikkaku

博物館でツノの標本を展示するときに、解説とともに写真を載せようとしたが……写真の著作権使用料がとんでもなく高く、じゃ、ということでこれを自家製造。
学術的には問題あるが、まあ一時的な展示だったのでよしとする(勝手に)。
posted by Jori at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

Design「海の博物館」

実は日本全国、いろいろなところに「海の博物館」
という名前を持つ施設がたくさんある。
その中のひとつ、プランニングの際の検討材料として
これを製作した。これまたお金が無かったので自家製。

umihaku

実はこの画像、3年前くらいのものw 探し物をしていたときに見つけた。
今思えば、当時からマシンは変わってないけど、メモリやらなにやら
相当厳しい状態だ…。お疲れ様。。。
仕上がりも荒っぽいけど…結局この仕事は流れちゃったから
別にいいか、というのが本音。
posted by Jori at 00:00| Comment(0) | Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

Book「ホワイトアウト」

文庫のストックはまだまだあるのだ。

whiteout
ホワイトアウト 新潮文庫
著者:真保 裕一

『日本最大の貯水量を誇るダムが、武装グループに占拠された。職員、ふもとの住民を人質に、要求は50億円。残された時間は24時間!荒れ狂う吹雪をついて、ひとりの男が敢然と立ち上がる。同僚と、かつて自分の過失で亡くした友の婚約者を救うために―。圧倒的な描写力、緊迫感あふれるストーリー展開で話題をさらった、アクション・サスペンスの最高峰。吉川英治文学新人賞受賞。』

映画はずっこけてしまったようだw
実は自分は映画を見ておらず、主演がオダちゃん(織田裕二)という頭で、そしてこの作品を読んだ。…それが実は一番この作品を楽しめる関わり方だったりするのかも。
結論から言うと、この作品は最高!かっこいい!
真保氏の書く文章表現自体に、ご飯何杯もいけるような魅力があり、冒険もの&アクション性質からどんどん読み進めていける。犯罪ミステリーの側面から、読者をやきもきさせるようなまわりくどさが含まれていそうだが、文体が簡潔に、効果的に書かれているので集中して読み進められるところがいい。
この作品の他に真保氏の短編集も読んだが、世界観が偏っておらず、七色と評価しても良い程だった。それが長編である本作でも随所に生きていたのだろう。
映画はもう見んでもいーかw
posted by Jori at 09:05| Comment(2) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

Book「火車」

渾身の一作。
2004年、5本の指には間違いなく数えられる愛読書だ。

kasha
火車 新潮文庫
著者:宮部みゆき

『休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して―なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか?いったい彼女は何者なのか?謎を解く鍵は、カード会社の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。』

この作品には、価値観をだいぶぶち壊された。
とても詳細な取材がなされていて、カード破産についての入門書に近いぐらいの作品となっている。それだけでも一読の価値はあった。
この作品の重要人物である失踪者の女性は、ほぼ主人公に等しいほど物語に深く関わっているのだが、実のところ一度も作中に登場せず全て人づたいに語られて表現される。間接的ながら宮部氏のテクニックによる表現でむしろそのリアリティは図り知れないものになり、世界観が無限に広がる。
善悪だけでは語られない、犯罪ミステリーである。
posted by Jori at 09:01| Comment(1) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

Design ○ステムさま展示会用パース

建材メーカー・○ステムさまのコンペ用パース。

tostem

全然お金がなくって、低予算のつくりをいかに美しくみせるか!
ってこれが限界(汗)
実際も、これよりも安ーく見える気がするが…。
posted by Jori at 13:07| Comment(0) | Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

Book「蒲生邸事件」

前述の福井晴敏氏の作品郡が圧倒的ではあったのだが、
2004年に楽しめた作品のひとつ。

蒲生邸事件
蒲生邸事件 文春文庫
著者:宮部みゆき

『予備校受験のために上京した受験生・孝史は、二月二十六日未明、ホテル火災に見舞われた。間一髪で、時間旅行の能力を持つ男に救助されたが、そこはなんと昭和十一年。雪降りしきる帝都・東京では、いままさに二・二六事件が起きようとしていた―。大胆な着想で挑んだ著者会心の日本SF大賞受賞長篇。』

自分はSF好きである。映画もなんだがんだ、SFに行き着く。
宮部氏は現代社会ものはもちろん、歴史、そしてSFが高い評価を得ている。
そしてその多くのSF作品は、超能力を持つ人物が登場する。
しかし、超能力がその能力を用いて体制を変える…といった大河的な表現をされる
のではなく、能力者のこころを描写する叙情詩であることがほとんどだ。
それが、読者を世界の中へ引き込んでしまう理由なのだろう。
ちょうど、仕事で調べなきゃいけないことの中に二・二六事件が含まれていて
ちょーどいーやーとばかりに手に取ったのだが…、事件背景はもちろんのこと
当時の社会思想、市民生活までも体の中に流れ込んでくるような気がした。
多面的な捉え方ができる事件をテーマにしていながら、ひょっとするとうっとおしく
感じられるような思想的な「押し付け」が全く無く、うまい表現をしているので
すいすい気持ちよく読めた。
それにしても…、やっぱり今の世は病んでいるなあ、と思ってしまうのは
作者の思うツボだったりするのかなw

posted by Jori at 23:26| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

Book「Twelve Y.O.」

自分の2004年ザ・ベスト!といったら間違いなくこれ。
これを読んだ後も数多くの文庫を読んだが、愛読書ポイント
でこれを上回るものは今のところお目にかかれていない。

TwelveYO
Twelve Y.O.講談社文庫
福井 晴敏 (著)
『電子テロリスト「12(トゥエルブ)」とは何者か!?
沖縄から米海兵隊が撤退した。それは米国防総省(ペンタゴン)が、たった1人のテロリストに屈服した瞬間だった。テロリストの名は「12」。最強のコンピュータウィルス「アポトーシス2」と謎の兵器「ウルマ」を使い、米国防総省を脅迫しつづける「12」の正体は?真の目的は?圧倒的スケールの江戸川乱歩賞受賞作。』

…と、レビューを読む限りでは、空前絶後の大アクション!というイメージを
受ける。実際のところ、いやいやかなりのハイスピードアクションながら、
核心である「国防のあり方」「熱く生き抜くこと」が読み終えたあとに
強烈なブローを腹に響かせてくる。著者の他作品も負けじ劣らず。
映画化熱望?いや、俺はこれを舞台でやりたい!
posted by Jori at 23:24| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

Design 2005年賀状

今年の年賀状。
nengajo
来年が出番だ、今年は寝とけ。
でもなぜか正月を彩っている、の図。

調子に乗り、応募。
こんなところ。
いや、調子に乗っているわけじゃなく、なんかもらえたら笑おう、という話。
posted by Jori at 00:00| Comment(0) | Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。