2005年03月07日

Movie 「ローレライ」

Movie「ローレライ」
原作:福井晴敏,監督:樋口真嗣,出演:役所広司,妻夫木聡,柳葉敏郎,香椎由宇,他

3/5公開。少々遅ればせながら、映画館へ。
結論→号泣
さてさてどんな感じになったのかなぁ…、なんて余裕をかましながら見るが、原作を読んだ時の衝撃が映像を通してよみがえり、どーのこーのと批評を残す余裕なく映像の中へ引き込まれた。原作や映画が、自分のリアクション程の傑作だなんて主張するつもりはなく、単に相性が良かっただけだとも思う。実際、お客さんの中にも、戦時中を生きていただろう年齢の方もいて、その方にとってみれば俺の覚えた衝撃なんて比較にもならない程の感慨を残したはずだろうから。
ストーリーは、やはり容赦なく原作からカットされたものになっている。原作で数十ページに及んでいる回想シーンを、数秒のイメージシーンに集約させる、といった処理がされていたりで、やっぱり宿命なのだろうな、と思った。しかし監督・樋口氏は、数十ページの中の1ページを紙飛行機にして遠くまで飛ばすような、巧い表現を使って、物語全体をまとめている。変に手を加えてつなぎ合わせるようなこともなく、端的にまとめた、という印象だ。
映像については、とりあえず文句の出しようがない。艦内での閉塞感や戦闘配備時のスピード感、ローレライの知覚イメージなど、完全に自分の想像を越える出来映えだ。戦闘シーンなんて…、あの急速浮上は鳥肌+身震いもんだ、すごい。
役所さん、妻夫木、ぎばちゃんもホントかっこいかったー。唯一の女性登場人物のかしいもすっげーキレイだしw 本当、かっこ悪い表現をされてた人なんていなかった…、というのに、大日本帝国の戦争を美化しているわけではない。これは福井マジックだろう、うん。
原作を読まずして映画を見た人の感想は、自分には想像するしかないのだが、やはり少し急いでいるという印象や難解な部分があるんじゃないだろうか、と思える。原作で世界観や各人物背景、技術的な詳細情報を得て初めて、行動やセリフに信じられない程の重みを増すことができる。福井氏の作風自体がそうとも言えるからだ。そうしてとらえたこの戦争末期の世界は、映画というさし絵を得ることによって、100%を軽く越えた、実体験に迫る程の感覚を与えてくれる。『読者』『観客』という呼び方を越え、『体感者』となるのだ。
まあ、色々文句はあるにはあるけど。それにしても、この物語にいい形で触れられた自分を幸運に思った。

仕事中、事務所ではFMをかけてるんだけど、ローレライの主題歌がたまにかかるのよね。そのたびに発作に近い状態で仕事にならないわけw 自分の単純さがおもしろい。
posted by Jori at 23:59| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。